足の違和感に注意|違和感があれば病院へGO【下肢静脈瘤を治療して素足に自信】|hospital

hospital

辛い下肢静脈瘤はすぐに改善!見た目も綺麗になって大満足

下肢静脈瘤の治療を受けた人の口コミ

下肢静脈瘤の治療を専門医に依頼して正解でした

立ち仕事をしているせいか、足に痛みを感じるようになりました。腫れているように見えたので、もしかしたら下肢静脈瘤かもしれないと不安になり、専門医を調べて診察を受けました。その結果、下肢静脈瘤と診断されて、適切な治療を受けることができました。専門医を探した甲斐がありました。

下肢静脈瘤は治る病です

歳を取るに連れて足のふくらはぎを中心に瘤ができているのに気が付きました。見た目に良くないので、夏場でも長ズボンを履く有様です。循環器内科で診てもらうと、医師から下肢静脈瘤ですとの診断を下されました。静脈には血液の逆流を防ぐ弁があり、加齢と共に静脈弁の機能が衰えて瘤のように膨れてくるそうです。医師の話では、カテテール挿入と超音波療法で治せると説明があり、安心したのを覚えています。早速、下肢静脈瘤治療を受けましたが、局所麻酔と1~2時間くらいのカテテール挿入手術で痛みはない簡単な手術です。今では、綺麗な足に戻っています。

下肢静脈瘤は早めに治療を受けることが大事

足がむくんで、日常生活に支障が出るようになりました。クリニックで診察を受けたら、下肢静脈瘤と診断されたので驚きました。幸いにも初期症状でしたから、治療を受けたおかげで症状が回復しました。早めに医療機関を訪れて正解でした。

下肢静脈瘤?悪化する前に!

私は、下肢静脈瘤で手術をしました。いつも診察を受けている内科の先生に勧められていましたが、判断できずに躊躇していました。でも、こぶのように膨らんできたところが見つかり、手術することにしました。手術は、子宮筋腫いらいでしたが、手術後の検査などを念入りにしてくださり、悪化する前で本当に良かったです。

下肢静脈瘤の日帰り手術をしました

先月、下肢静脈瘤の日帰り手術をしました。これまで手術をしたことがなかったので緊張したのですが、事前の説明がわかりやすくリラックスして手術に臨めました。術後は足がだるくならず、快適です。人の視線が気になることも、なくなりました。

足の違和感に注意

医者

下肢静脈瘤の治療について

足の血管の病気である下肢静脈瘤は、血管が瘤のような状態になることをいいます。命にかかわる危険性は低いですが、だるさや足のむくみを訴えることがあるので治療が必要となります。また治療には、保存的療法や硬化療法や血管内治療があります。

初診の際に行なわれる検査って?

ところで下肢静脈瘤の治療を受ける際には、どの診療科を受診すれば良いでしょうか。下肢静脈瘤の治療は主に血管外科で行われますが、国内には血管外科と呼ばれるクリニックはあまり多くありません。そのため心臓血管外科で治療を受けるケースが多くなっています。またそれ以外にも一般の外科や形成外科などで治療を受け付けることもあるので、まずは医療機関に確認してみましょう。では初診ではどのような検査が行われるかといえば、まずは実際に医師が患部を触って皮膚表面の状態などを確認する触診があります。更に外見では分からない状態を確認するために、エコーによる検査も行われます。もっと詳しく調べるために、CT検査や静脈造影検査などが行われることがあります。

クリニックを受診する前の準備事項

下肢静脈瘤では医師に診てもらう必要がありますが、事前に準備をすることで、今の状態を的確に把握できて適切な診断と治療が受けられます。まずは自分の足の状態をチェックしましょう。まずは足のどの部分にどのような症状が、いつぐらいから続いているのか確認しましょう。また、症状を感じる期間や時間帯も説明できるようにしておきましょう。そして下肢静脈瘤以外にも別の病気を持っていれば、それも説明できるようにしておくと治療がスムーズです。お薬手帳を用意して、現在服用している薬があれば、それを医師に見せられるように準備しましょう。更には食べ物や薬についてアレルギーがあれば、それもあわせて伝えておきましょう。これらの情報をあらかじめメモしておくと、スムーズに伝えられます。